*

コレステロール値を上げにくい食生活

   

毎日の食事の内容に問題があるために、コレステロールの値が高くなっている人がいます。

健康を保つには、血液中のコレステロールの値が上がりにくくなるような食事をする必要があるでしょう。

どのような食事をすると、コレステロールの上昇を抑制することが可能なのでしょう。

コレステロールの多い食事をしていると、血中コレステロールが高くなるという印象がありますが、事実はそれだけではありません。

食品に含まれていたコレステロールで、血液にいくものは1割程度で、血中のコレステロールの90%は、肝臓でつくられたコレステロールです。

コレステロールを効果的に下げるには、食事でコレステロールを多く含んだ食品を避けるよりもコレステロールを、合成させにくい食品を増やすことがポイントになります。

食事の時にはコレステロールを意識しましょう

食事内容に応じて、肝臓でできるコレステロールの値は違ってきます。

どの程度の脂肪量を摂取したかが大事です。

脂肪は脂肪でも、飽和脂肪を多く体内に取り入れることで、コレステロールの生成量がふえます。

逆に、不飽和脂肪酸を摂取すると、生成量は減ります。

脂質の多い肉類、チーズ、バター、チョコレート、ポテトチップなどの食材が、飽和脂肪酸が多いといいます。

豆腐、胡麻油、青身の魚は、不飽和脂肪酸が豊富に存在します。

コレステロールを意識した食事をするには、不飽和脂肪酸の多い食材を重点的に、飽和脂肪酸の多い食品はできるだけ使わないようにするといいでしょう。

血中コレステロール値が気になる人は、コレステロールを上げるような食事はできるだけしないほうが無難です。

最初は難しいと思うので、食事の時にはコレステロールの合成を促す食品かどうかなど少しは意識する事から始めましょう。

 
http://www.gp-infos.com/が参考になりました。
 

 - コレステロール